注射と妄像

私が子どもの頃、小学校で様々な予防接種が行われた。


予防接種の日は朝から心が重くてそれが胃腸にシクシク影響するくらい


ストレスを感じていたことを覚えている。


今となれば注射は嫌いだけど、そこまでストレスに感じることは


無くなった。それは チクッ。1,2,3 くらいで終わる痛みだと


やっと理解出来たから?それとも子どもの頃よりも痛みに鈍感になったのか?


理由は分からない。


私はまだ自分の心をコントロール出来ない。特に恐怖心はどうすることも


出来ない。ただ分かっていることは、恐怖の対象そのものを一番恐れているのではなく


その対象を妄想して起きる恐怖と不安に心をつぶされている。


それはきっと注射を怖がり過ぎる子どものままだということ。


恐怖心から解き放たれたい。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。