子どもの感受性

今から1年くらい前(娘が年中のとき)幼稚園でお友達関係で色々あったりで


行きしぶりが かなりあった。そのとき娘に


「生きていると みんな辛いことがいっぱいあるんだよ。辛い思いをすると
 
同じように辛い思いをしているお友達の気持ちが分かるし 優しくしてあげられる


でしょ。」


そんな話の流れで


「辛い思いをすると 心が磨かれて優しくなれるし 心がキレイに


なるんだよ。」


「人は心をキレイにするために 生まれて来たんだよ。」


と話をした。いつもすぐ飽きてしまい 話を聞かない娘が


このときはとても話を聞いていたのに少し驚き


そして深い話も4才の娘と出来るようになったんだなぁ。と思ったのを


覚えている。


それから1年が経った 最近のこと。娘に好きな男の子(Aくん)が出来た。


けれどAくんはBちゃんにばかり ちょっかいを出すらしく


娘は「AくんはBちゃんが好きなのかな~?」と悲しそうだったので


「男の子はAくんだけじゃないよ」となぐさめた。


娘の初めての恋バナを聞いて なんかロマンチックなことを言いたくなった私は


「〇〇(娘)を好きになってくれる人がきっと出来るよ。その人を見つけるために


生まれたんだよ。」


すると娘は「ママ違うでしょ。心をキレイにするために生まれたんでしょ。」


一年も前の話を娘が覚えていたことに驚いた。


きっと大人が思うよりも 


感受性や理解力を子どもは持っているのだと 感じた出来事だった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。